メインメニュー

会員規約

第1章 総則

(名称)

第1条 本会は、環境みやざき推進協議会(以下「協議会」という。)と称する。

(目的)

第2条 協議会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10 年法律第117号)第26条の規定による地球温暖化対策地域協議会として、県民、事業者、行政等が協働して、宮崎県域における地球温暖化防止等に関する様々な取組を展開し、その活動を普及さ せることにより、地域から地球温暖化防止活動を中心として、環境保全に寄与することを目的とする。

(活動内容)

第3条 協議会は、次に掲げる活動を行う。

  1. 地球温暖化対策に関する普及啓発に関すること。
  2. 地球温暖化対策に関する情報把握及び情報交換に関すること。
  3. 地域で実践できる地球温暖化防止に関すること。
  4. 地域温暖化対策の推進を図る活動に対する支援に関すること。
  5. 循環型社会の形成の促進に関すること。
  6. 自然環境の保全の促進に関すること。
  7. その他目的を達成するために必要なこと。

第2章 会員

(会員及び入会)

第4条 協議会の会員は、地方公共団体、地球温暖化防止活動推進センター、地球温暖化防止活動推進員、事業者、団体及び県民とする。

2 協議会に入会しようとする者は、入会申込書を会長に提出し、その承認を得なければならない。

(退会等)

第5条 会員は、退会しようとするときは、会長にその旨を届け出なければならない。

2 会員が死亡し、又は解散したときは、退会したものとみなす。

3 会員が協議会の目的に反する活動をし、協議会の名誉を著しく損なったときは、会長はこれを退会させることができる。

第3章 組織

(会長等)

第6条 協議会に次の役員を置く。

  1. 会 長  1名
  2. 副会長  1名

2 会長は、財団法人宮崎県環境科学協会の理事長とする。

3 副会長は、会長が指名する。

4 協議会に名誉会長を置くことができる。

(会長等の職務)

第7条 会長は、協議会を代表し、業務を統括する。

2 副会長は、会長を補佐し、業務を処理するとともに、会長に事故あるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を行う。

3 名誉会長は、協議会の重要な事項について、会長の諮問に応じ、意見を述べることができる。

(事務局)

第8条 協議会の事務を処理するため、事務局を財団法人宮崎県環境科学協会内に置く。

第4章 会議

(総会)

第9条 会長は、毎年総会を開催する。

2 総会は、会員をもって構成する。

3 総会は、規約の改廃その他協議会の運営に関する重要な事項を議決する。

4 総会は、会長が招集し、会長が議長を務める。

5 総会の議事は、出席した会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(運営委員会)

第10条 協議会に、運営委員会を置く。

2 運営委員会は、10名以上15名以下の運営委員をもって構成する。

3 運営委員は、会長が指名し、その任期は2年とし、再任されることを妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 運営委員会は、次に掲げる事項を決定する。

  1. 総会の議決した事項の執行に関する事項
  2. 総会に付議すべき事項
  3. その他総会の議決を要しない業務の執行に関する事項

5 運営委員会の議長は、会長が指名する者が務める。

6 運営委員会の議事は、出席した運営委員の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第5章 事業年度等

(事業年度)

第11条 協議会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

(事業計画及び事業報告)

第12条 協議会の事業計画は、会長が作成し、総会の承認を得るものとする。

2 協議会の事業報告は、会長が作成し、総会の承認を得るものとする。

第6章 雑則

(委任)

第13条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が運営委員会の議決を経て別に定める。

附則

1 この規約は、平成17年04月28日から施行する。

2 この協議会の設立当初の事業年度は、第11条の規定にかかわらず、設立の日から平成18年03月31日までとする。